T88OR / PALAU report 2006
T88OR
DEPARTURE part2

山王駅

私の座っていた車両に下付近での作業。

20年程前にも大阪市営地下鉄御堂筋線の動物園前駅で、私の座っていた車両に下付近に飛び込みがあったのを思い出した。

今回はその時とは違い、転落者の声は聞こえているので、生きてはいるようだ。

山王駅

しばらくして救出のため、やっと乗客をホームに出してもらえる。

このホームに立つのはJR東海全線乗車のために、JRのナゴヤ球場正門前駅の帰りにここ(当時はナゴヤ球場前駅)から名古屋駅まで乗った時以来だ。

山王駅

救出作業は、ホーム側から引き上げることはできなかったので、一端外側に出し、車内を通り抜けてホームに運び出された。

落ちていた人は、大したケガでは無かったようでしたが警察官による簡単な事情聴取の後、救急車で搬送されて行った。

山王駅

駅員(一応この駅は「無人駅」扱いだが)の説明によると、ここから「普通電車で名古屋駅に戻り、金山までJRに振り替え輸送。金山から名鉄で空港まで行ってください」と話しまわっていた。

「この車両は車庫で現場検証する」からとのこと。はぁ?「そんな必要は無いだろ!さっさと空港へ行け!」と怒鳴る。

大阪の地下鉄の時は10分も停っていなかったのに、この対応の悪さは酷い。そう言えば、慣れていない新潟のローカル線では3時間近く不通になったことはあったが。

目撃者の事情聴取や手際よく現場検証を終えた愛知県警の人は、「もういいですよ」。

山王駅

今度は急遽、乗客を車内に戻す案内。

ところが今度は運転手がこの場所から離れていたらしく、名鉄の駅員が「えっ、運転手いないの? 誰でもいいから電車を動かして!」と叫んでいる。
名鉄は無免許運転も可能らしい。俺も「電車でGO!」で練習しておくんだったと悔やまれる(笑)

この特急も快速扱いで運転されるという車内アナウンスがあり、普段は停車しない太田川駅や常滑駅でも停車することとなった。

金山から乗ってきた「これは特急券タダで乗れるぞ。終点の空港で風呂に入ってから常滑に戻ろう。」と大喜びしていた50代後半の作業員風のオヤジ共4〜5人ほどグループがうるさかった。

延着証明書

1時間程遅れで、セントレア駅に到着。

ミューチケットを払い戻して、特に必要も無いが記念に延着証明書を頂いた。

これで、名鉄常滑線(29.3キロ)と空港線(4.2キロ)の乗り潰し完了。

セントレア

なんとかチケットも受け取れ、荷物を預けた。

カードラウンジでインターネットを使おうとしたが、他の空港のように備え付けのパソコンは無く、自分のノートパソコンでワイヤレスLANを使うしかないとのこと。

飲み放題の缶ビールを一気呑みして、空腹のまま出国手続きをしました。

セントレア

チャーター便なので、駐機場所までバスに乗りました。

機材は、Boeing767-346。

機体番号は、JA8980。 無線家ならどの航空機を見ても、機体番号で、どこの国か判ります。


Y!

現地では全くインターネットを使いませんでしたが、帰国後、検索で出てきたのがこれです。

今回は生存されており良かったのですが、この数日前にもこの駅で転落があったそうで・・・、名鉄の安全体制は?


Palau index NEXT

Copyright© 1998-2006 JG3DOR
All Rights Reserved