« 2008年02月 | メイン | 2008年04月 »

2008年03月19日

今日(2008/03/19)の「ゆうちょ銀行めぐり」


堺筋本町駅を出たのが、午後4時3分前。もう間に合わないだろうと行ってみたら、


窓口が開いてた。大阪東店も大阪支店の18時まで営業していた。

投稿者 DOR : 23:51 | トラックバック

2008年03月10日

熊本空港(KMJ)


昼食はうどんとおにぎりで305円。夕べも全く同じメニューでした。


レンタカーを返すために空港を通過。


指定の空港内の給油所です。
レギュラー147円は大阪に比べるとかなり高いが、熊本だと平均的な価格のようです。


八代市内からの全走行距離は、117kmでした。

時刻表
最後の便でも良かったのですが、風景も楽しむなら夕方のほうがいいかなと思って。


帰りの搭乗券は、現地(熊本空港)での発券です。
往きは到着空港(KOJ)に本社のあるJACを利用したので、帰りも到着空港(ITM)に本社のあるJEXを利用します。


出発の7分前ですが、大混雑のためセキュリティーエリアにすら入れません。


帰りはちゃんとアメリカ製の飛行機「MD-81」です。
機種 : マクドネルダグラスMD-81
登録記号 : JA8554


九州でも山の上には雪が積もっていました。
徳島市上空から和歌山のポルトヨーロッパ、紀ノ川の上り、香芝SA上空から伊丹へ着陸しました。

投稿者 DOR : 23:58 | トラックバック

エミナースの湯


阿蘇くまもと空港から帰る前に、空港の近くにある「くまもとエミナース」内の天然温泉です。


こんな場所にありますが、一応、露天風呂もありました。

投稿者 DOR : 23:57 | トラックバック

今日(2008/03/10)の郵便局めぐり


離島に行きましたが、土曜日(20-03-08)なので郵便局もお休み。


ここ鹿児島県の三島村の3つの島に、4つの郵便局があります。


本土に戻って、九州新幹線で熊本県へ。この熊本安政郵便局は、熊本市の繁華街にあります。

71132-2.jpg
今回はこの郵便局1局だけでした。


40分100円の駐車場で、ギリギリ200円で済みました。

投稿者 DOR : 23:55 | トラックバック

九州献血ルームめぐり


9日の日曜日に、鹿児島市の「天文館献血ルーム」に行きました。
おかしとドリンク目当てと思われる高校生でいっぱいでしたが、「待ち時間は30分ほど」と言われた。

「200mlは要らない」と言われたので400mlで申し込んだが、1時間以上待たされ新幹線の時間(正確に書くとレンタカーの営業時間)に間に合わないのでキャンセルして帰りました。

パソコンを使っていた高校たちが帰ったのでその後に使いましたが、その高校生達が観ていたのはエロDVDのサイトでした。まだまだ下半身の血液が余っているようです。


次の日(10日の月曜)は熊本市の「下通り献血ルーム」に行きました。
前の日の鹿児島でキャンセルしたことも言われたので、オンラインで記録されているようです。


ここでも同じように400mlをすすめられましたが、年間総献血量の話をすると、200mlで受け付けてもらえた。


前回は12月に静岡県浜松血液センターで、ALT(GPT)が高かったので献血できませんでした。
(61以上は不可なところ、64でした。)
自転車通勤のおかげか今回は半分以下で、ここ数回で最も低い数値でした。

投稿者 DOR : 23:54 | トラックバック

熊本城天然温泉「城の湯」


仮眠室もある天然温泉の健康ランドです
http://www.shironoyu.co.jp/index.html
日曜深夜ということもあり空いていたので、良く眠れました。

投稿者 DOR : 23:51 | トラックバック

2008年03月09日

JR全線乗車達成・九州新幹線

鹿児島中央駅
西鹿児島駅だった20年程前に、指宿枕崎線から鹿児島本線の夜行列車に乗り継ぐ時間を1時間間違えたために、この駅前に寝たことがあります。

篤姫
ほとんどテレビは見ないし、特にNHKは見ません。
歴史にも興味無いので、なぜ鹿児島で盛り上がっているかも知りません。

新八代・博多方面
16時56分発の「つばめ18号」に乗ります。
鹿児島の次が仙台って、行き過ぎじゃん(笑)

つばめ車体
最新の新幹線には似合わない、古臭い書体。
これは梅小路の「C62 2」号機関車に付けてもらいたいです。

つばめ車内
2列2列の木目調のシートを使った、ゆったりした車内。

新八代駅着
途中駅は止まらない「ひかりタイプ」だったので、すぐに新八代駅に到着。
JR全線乗り潰し(乗車)達成!
これで当分の間は、JR完乗ホルダーです。
新幹線から在来線への接続線路も気になりますが、ここで在来線に乗り換えます。

新八代駅内
左は、新八代駅内で食べた、「郷土料理」のメニューにあった「からしれんこんうどん」。
味は予想どおり、別々に食べたほうが良いと思った。

右は、八代(やつしろ)出身の八代(やしろ)亜紀が寄贈した風景画。

八代駅
左は八代駅にある、肥後線の0キロポスト。

右は、在来線の車内のお会いした、大阪市内からきた旅人。
九州を野宿しながら周っているそうで、この箱も「新上五島町指定ごみ袋・可燃物用(大)」の入っていた物。
気をつけて旅をつづけてね!

乗車券・新幹線自由席特急券
鹿児島中央駅で新幹線経由の八代駅まで買いましたが、新八代駅まで分けて買ったほうが安かった。

投稿者 DOR : 23:53 | トラックバック

鹿児島市電


泊まったホテルが「高見橋」停留所の真ん前なので、ここから乗車。
後ろの観覧車は、鹿児島中央駅のあるところ。


外国で使われていた車両だと思うけど、無駄に運転席が広い。


8日(土曜)は、「高見橋」から「いづろ通」まで乗車。
9日(日曜)は、「天文館通」から乗り間違えたので「郡元」で乗り換えて「鹿児島中央駅前」まで。


「郡元」で迷っていたら、「のりかえ」券をいただきました。


こんな電車も走っていました。ヨーロッパみたい?

投稿者 DOR : 23:52 | トラックバック

三島村役場

牛コンテナ
竹島港から出荷される「平成18年度特定離島ふるさとおこし推進事業」と書かれている牛コンテナ。
村役場の広報誌にも「子牛セリ市の結果」が毎月掲載されています。
http://www.mishimamura.jp/contents/sonmin/kouhou/kouhou.html
のPDFファイルを見ると、船内や島内で見かけた人だらけ。

二等乗船券
片道づつ買ったので、帰りは竹島出張所発行。
結局、竹島の中で支払ったお金は、宿泊費とこの乗船費の1万円ポッキリのみ。
(他に使うところがありませんでした。)

ポスター
船内には、3つの島のポスターが張ってあります。
船の案内係の人にお話しをお聞きしましたが、今度は他の島にも行ってみたい。
特に硫黄島の温泉に興味があります。

接岸
鹿児島港に到着。

三島村役場
せっかくなので、三島村役場も探してみました。
十島村役場と比べると判り難くて、ちょっと迷った。

金生町バス停
この村役場の最寄りのバス停は、鹿児島市の繁華街にあります。
(元新潟県民の私としては、鹿児島まで来て山形屋の「大新潟展」に入るかどうか悩むところ。)

投稿者 DOR : 23:51 | トラックバック

2008年03月08日

竹島

竹島に行ってきました。
「竹島」と言っても「島根県隠岐郡隠岐の島町」でも三河湾のでもありません。
鹿児島県鹿児島郡三島村の竹島です。

地形図
(国土地理院の地形図より)
歩いた経路は青い線で、赤い点は宿泊した「いこい旅館」さんです。
先ずは西側の東風泊港のほうへ行き、一旦中心部まで戻ったあと、南側の篭港のほうへ行きました。
地図を持ち歩いていなかったので一周できると知らずのムダな歩き方をしてしまいました。
(以下画像20枚)

いこい旅館
今回お世話になった「いこい旅館」さん。
看板は全く上がっていませんので注意が必要ですが、港から道沿いに登って最初の民家です。
翌日の船の中での、昼食(弁当)もサービスしてくれました。

竹島集会センター
そのまま道なりに進むと、三島村役場竹島出張所や鹿児島中央郵便局竹島分室が入っている「竹島集会センター」があります。
土曜日なので、郵便局分室は休み。残念!

案内表示
最近整備された案内表示があり、道に迷うことは無いと思います。
山登りのように、島の中でお会いした人とは全て挨拶しますので、もし迷えば誰にでも聞くことができます。

茶髪のバイクで走りまわってた兄ちゃんも、礼儀正しく走りながらちゃんとあいさつします。
ちなみに信号も道路標識もありません。
警察官もいなくで、村内では硫黄島の駐在所に1人いるだけです。
犯罪は無さそうですが、事故の時はどうするんだろ?
おばちゃんがノーヘル3人乗り(子供2人乗せた)で走ってましたけど。

あいあい会館
中から、お年寄り達の楽しそうな声が聞こえてきたので、公民館なのかな?

民宿くぼた
竹島にもう一つある宿泊施設である「民宿くぼた」さん。
ここはちゃんと看板が出ているので、分りました。

ジュース等を売っているお店があるとのことですが、この民宿以外に看板を出ていないのでわかりませんでした。

聖大明神社
住宅地に程近い場所にある「聖大明神社」です。
この前は広場になっており、お祭り(?)が行われるようです。

竹島発電所
九州電力竹島発電所です。
とても小さいのですが変電所ではなく、火力発電所です。
島内の電気はここで作られているそうで、(ここの電気に)お世話になりました。

竹
竹島の名のとおり、普通の竹より細い「大名竹(唐竹)」だらけです。

道路工事中
2日後に完成をする道路です。
島内の道路の舗装は、全てコンクリート舗装です。

牛舎
新しい道路を進んで行くと、牛舎が見えてきました・
「見ていっていいよ」とのこと。

黒毛和牛
人懐っこい、牛さん。
かわいそうですが「みしま牛」という高級黒毛和牛として、食べられてしまいます。

硫黄島
「東風泊港」の案内版のほうに行くと、崖の上で舗装道路が行き止まりでした。
ここから獣道のような坂を下るようで引返した。
目の前の噴煙を上げる大きな山は、硫黄島の硫黄岳。

カジュマルの門
東風泊から元へ戻って、「カジュマルの門」を通りました。
(よくわからないままデジカメで撮っていました)

村営住宅
村営住宅の改修工事が行われていました。
借りる条件に、ちょっと興味があったりします。

ふれあい広場
体育館と「ふれあい広場」。緊急時はヘリポートになるのかな?

牛歩
だれもいない所から、急に現われた牛とおじさん。
草がおいしいらしく「道草」を食いながらのお散歩。

籠港
ここを降りた所に「籠港」があるが、荒廃のため通行禁止になっています。
小笠原諸島父島の、長崎展望台を思い出した。

竹島小中学校
土曜の午後なのに大勢の児童生徒と先生が遊んでいて、島内のあちこちでお会いしました。
最後に学校を見てみようと思ったら、

竹島小中学校
学校の中に入ってしまいました。
先生に断って、通り抜けさせてもらいました。

竹島小中学校
校門にはゲートもなければ、ガードマンも立っていません。
不審者が入ってきたらどうするんだ(って俺か?)。
この校門が、私が泊った宿のすぐ隣でした。

投稿者 DOR : 23:54 | トラックバック

村営定期船「みしま」

みしま旅客待合所
もう既に船が来ています、って昨日からだけど。

桜島
鹿児島港の向かいは、桜島。

乗船券
乗船券は、下船時に回収されます。
左側に、「タバコの箱に入れて捨ててしまわないように」と書かれてる。

一等客室
ここから先は、一等船室なので入れません。
靴を数えると、乗客は3人だけかな。

診療室
船内には診療室もあります。
その他の船内設備は、ビールやカップ麺等の自販機があります。

竹島
竹島が見えてきました。
鹿児島港で出てから、3時間弱で竹島です。
これは船内でも流れている「ああ 三島村」でも歌われています。
 夢の島三島村って知っていますか
 鹿児島から南に三時間
 最初の出合いは竹島で・・・・(以下忘れた)

港
港では、車10台ほどでお出迎え。

コンテナ
週に3往復ということは、生活物資もほとんどが週に3度しか届かない。

離船
硫黄島へ向けての出港。
この頃には、私以外誰もいません。

投稿者 DOR : 23:52 | トラックバック

十島村役場

鹿児島市内
ここは鹿児島市内ですが、

十島村役場
十島村役場があります。

Y!map
(Y!の地図より)
離島で分散している十島村では、各島間の交通も不便なために、平等性からも村外に役場を置いています。
このような自治体は、全国で3つあります。
・鹿児島県鹿児島郡十島村(村役場は鹿児島市内)
・鹿児島県鹿児島郡三島村(村役場は鹿児島市内)
・沖縄県八重山郡竹富町(町役場は沖縄県石垣市内)

フェリーとしま
村へのアクセスは、村営船「フェリーとしま」。
余談ではあるが、同じ読み方の「東京都利島村」は、「東海汽船」が運航しています。

としま旅客待合所
熟女専用の、年増旅客待合所(笑)。

投稿者 DOR : 23:51 | トラックバック

2008年03月07日

DHC-8-400

収穫祭
離発着機を眺めながら、空港のテラスにて。
明るいうちから呑むのも最高です。

JAL
鹿児島へは、KOJ(鹿児島空港)に本社があるJACを使いました。

時刻表
一番遅い時間で、仕事が終わった後でも、ゆっくり乗れます。

搭乗前
小さい飛行機なので、混んではいません。

JA851C
初めて乗るボンバルディア社機。小さい!
過去にソウル(SEL)から束草(SHO)まで「F100」に乗ったことがありますが、どっちが小さいんだろ?
 機種名 : ボンバルディアDHC-8-Q400
 登録記号 : JA851C
 製造番号 : 4177
 製造年月日 : 2007/10/22

機内
客室内は、新幹線「のぞみ」を小さくした感じ。

安全のしおり
他の機材に比べて危険性が非常に高いので、脱出口を確認しておく必要があります。

飴
少し揺れだした頃に、飴が配られました。
(最近、特に国内線では飴なんて貰わないなぁ。)

到着
鹿児島空港に着陸後すぐに、車輪の点検をしだした。
故障の多い部分だもんね。

投稿者 DOR : 23:51 | トラックバック