« 2008年02月 | メイン | 2008年04月 »

2008年03月31日

アクテビティアワードの申請

領収書と地図
本日が締切りで当日消印有効の、CQ誌の2007年アクテビティアワードの申請書を投函するため、大阪中央郵便局(日本郵便大阪支店)に行ってきました。
23時11分だったので、3月31日の証紙を貼ってもらえました。
家の付近からずっとAPRSの電波を出していましたが、中津付近の2ヶ所しかキャッチしてもらえてなかった。

投稿者 DOR : 23:53 | コメント (1) | トラックバック

平成20年度JARL通常選挙の投票用紙

本日、JARLから届きました。

投票用紙
どの選挙も定員より立候補者が1人だけ多いので、当選させたくない人以外マークするのが良い。
(連記制のメリットを利用しましょう)

委任状
5月に開催される高知の総会に行かない人は、「JG3DOR」と書いて委任状を投函願います。

投稿者 DOR : 23:51 | コメント (6) | トラックバック

2008年03月26日

再免許電子申請の準備

官報
電波法の改正が1月25日の官報に掲載され、4月から電子申請による再免許申請が書面申請に比べて1100円安くなるという。

無線局免許情報検索
私の場合は3つの局免があるので、電子申請にチャレンジすることにした。

領収書
先ずは、住基カードと電子証明書を申し込んだ。
本人確認は、官公庁の職員証なら良いが、ウチの会社のではダメでした。
「免許証はないのか」と言われたので、「第一級海上特殊無線技士」の免許でOKでした。

損得勘定
ICカードリーダが3千円として、今の手数料のまま3つの局免を再免許した場合、7年後に元を取れることになる。
将来、電子申請が普及すればこの手数料差が縮むだろうが、とても面倒なので、それは無いと思っているのだが。

投稿者 DOR : 23:51 | コメント (0) | トラックバック

2008年03月22日

第2高調波

P5BCI
(Y!のニュースより)
みなさんのブログを見ると、北朝鮮の放送局(4450kHz)の第2高調波(8900kHz)がHF帯洋上管制(8903kHz USB)に入り込んだんだとか。

FEN
(1985年に豊中市内で受信したFENのベリカード)
それなら、「1620kHzの路側放送がアメリカに侵略された」って騒ぐ人はいないのかな。
東京の付近では、モロにFEN(810kHz)の第2高調波が入ってるけど。

投稿者 DOR : 23:51 | コメント (0) | トラックバック

2008年03月21日

電波利用料が値下げか?

500to300yen
JARLのホームページによると、アマ局の電波利用料が500円から300円に値下げされる電波法改正を、今国会に提出されるそうです。
野党の国会議員の皆様。この改正だけは、ちゃんと通して下さい。
ガソリンの暫定税率は、がんばって無くしてください。

投稿者 DOR : 23:51 | コメント (2) | トラックバック

2008年03月18日

HF国内移動CW局検定

http://minna.cert.yahoo.co.jp/cbqaz/224308
の検定をやってみました。

私の場合は呼びにまわることは、あまり無いので、JCC/JCGは全然集まっていません。


私の結果と、問題に出てきた局との交信回数です。
最後の局以外は、カードのデザインの思い出せます。それでも5番目の局の間違っているのは「7コール局」のプリフィックスは苦手です。
6番目の局のエリア違い(3エリア)局のカードもすぐ思い出せます。
その他、2番目の局の自宅と、4番目の局の顔も。

投稿者 DOR : 23:51 | コメント (5) | トラックバック

2008年03月11日

Re:再JR全線走破と九州移動運用

写真集
無線関係はこのブログ
 * 空港宅急便
 * 鹿児島湾内航行サテライト通信
 * JCG#46006 鹿児島郡三島村竹島移動 HF編
 * JCG#46006 鹿児島郡移動 サテライト編
 * JCG#43009 熊本県下益城郡富合町移動
 * 熊本ファミリー銀行
 * JCG#43005 熊本県上益城郡益城町移動
 * 岐阜コンテスト 特例の特別賞?
 * Re:再JR全線走破と九州移動運用

無線関係以外は、別のブログにアップしています。
 * DHC-8-400
 * 十島村役場
 * 村営定期船「みしま」
 * 竹島
 * 三島村役場
 * 鹿児島市電
 * JR全線乗車達成・九州新幹線
 * 熊本城天然温泉「城の湯」
 * 九州献血ルームめぐり
 * 今日(2008/03/10)の郵便局めぐり
 * エミナースの湯
 * 熊本空港(KMJ)

旅行業界関係者として、まず興味を持ったのは、OQOさんの「無線のなんとなくメモ」の「メモ」のフライト時刻です。これで、興味を持って具体的なスケジュールを調べてみたくなりました。
次に移動無線家として、NDTさんの「さてと、今日は何処に・・・」の「幻の鹿児島郡」や奥尻島のブログを読むと、実際に行きたくなってしまいました。

みしま丸運航表
一番重要な船のスケジュールから決めていきます。
仕事の関係で3月上旬。
船の日程で鹿児島港発が、6日(水)か8日(土)。

フライトプラン
次は鹿児島までのアクセス。
高速バスや宮崎や志布志のフェリーもあるが、航空機利用のツアーのほうが安い。
日程が近づくと格安の旅行会社が返したチケットも出てくるので、航空会社系のツアー会社が強い。
10日前の20時30分締切りのツアーに、3月7日大阪発の締切り1分前に申し込んだ。

航路
村内の民宿の予約は簡単に取れると思っていたが、大間違い。
公共事業で成り立っている離島には、宿泊の需要も多く、また車を貸し出すようなことがウェブに書かれていても、「ウチは車はありません。他に言って(ガチャ)」っと切られたことも。
3島どこまで行っても値段は同じだが、運用時間を重視して一番手前の「竹島」になった。

費用
目標は5万円以内に抑えるケチケチ旅行でしたが、新幹線やレンタカーも利用して、6万2千円程になりました。
実際には「自分だけ遊びに行って」ということで、さらに1万円を妻に置いていかされましたが。

利用国内空港
サテライト未踏の地である鹿児島郡から運用や、自身のJR全線走破を達成もしましたが、一番楽しかったのは飛行機に乗ったことだったかも。
前回は半年前のハムフェアーの帰りでしたが、毎日仕事しながら離発着を眺めてるもので・・・。

投稿者 DOR : 23:51 | コメント (0) | トラックバック

2008年03月10日

岐阜コンテスト 特例の特別賞?


昨年の10回記念のオール岐阜コンテストで、特例の特別賞(?)をいただきました。
コンテストの県内乗り込みと言っても、後半だけですし、記念局まで運用させていただいた上に、このような記念品までいただいて申し訳ないです。

楽しい企画を次々に行う岐阜コンテスト並びにJARL岐阜県支部にみなさまに感謝いたします。ありがとうございました。

投稿者 DOR : 23:59 | コメント (0) | トラックバック

JCG#43005 熊本県上益城郡益城町移動


今回の移動の最後は、熊本空港のある上益城郡益城町から。


左下の紫色部分は熊本市。


後片付けも考えながらのセッティングでした。


クラスタにもアップしていただき、コンディションが悪かった割には呼んでいただけました。


空港の敷地内から運用した訳ではありませんが、いつもの癖でスタンプを押したカードを発行します。

投稿者 DOR : 23:56 | コメント (0) | トラックバック

熊本ファミリー銀行


熊本ファミリー銀行の近見支店(0587-124)です。
肥後銀行の味噌天神支店(0182-157)の前も通りましたが、家を出る時に納告が1通しか見当たらなかったので行けませんでした。

投稿者 DOR : 23:53 | トラックバック

JCG#43009 熊本県下益城郡富合町移動

八代市内でレンタカーを借りて、八代郡内の「道の駅」から3.5メガに出ようとセッティングしましたが、DXペディ局のパイルで、CW帯は使えない状態。
緊張していた鹿児島郡の移動と、九州新幹線でJR全線完乗を達成したことで、もう、どうでもいい気分。
アンテナ類を片付けて国道3号線を北上しました。


HFは使えそうになかったので、サテライトだけ運用することにしました。
国道3号緑川橋の近くの堤防の上から出ました。


コンビニとおべんとうのヒライで食事をした後、同じ場所から次の便にもでました。


この画像はその翌日に別の場所で、レンタカーに衛星用アンテナを取り付けた再現画像です。


(http://aprs.fi/より)
鹿児島湾では記録されていなかったAPRSも再挑戦です。
熊本平野の真ん中からの運用で、緑星マークの4ヶ所まで電波が届いていたようです。


交信局数が中途半端だったので、熊本市内の温泉施設で宿泊後、また戻ってきました。
運用場所は昨夜の堤防の下の河川敷で、7メガCWに出ました。

投稿者 DOR : 23:52 | コメント (0) | トラックバック

2008年03月08日

JCG#46006 鹿児島郡移動 サテライト編

あと少しでサテライト特記のWAGA完成しそうな各局にはHFで呼んでいただけたので、私がサテライトにチャレンジすることは、想像できるかと思います。


(国土地理院の地形図より)
この地図の赤線より右がGL「PM50FT」で、赤い点の位置が宿(いこい旅館)の場所です。
3島の中で一番高い山のない竹島ですが、21時のMELが東20度弱のパスは絶望的。
22時半過ぎの西30度弱のパスでも、北上した後半に少しできるかどうか。
この日はASQさんの九州移動もあり、猛パイルでAGCがかかるため後半参入だとループも取れない可能性があると心配していました。


宿の前の道路に街灯があり、少しでも建物や地形の影響をさけるために、バッテリーを持ってそこで運用しようと考えていました。(この島には駐在所も無いので、どこで運用しても職質を受ける心配はありません。)

衛星が来る10分前になって、門の前に車止めとして倒して置かれていたアルミ脚立に気付きました。
「これを使えないかな」って。


(左は室内から。右は屋外から撮影したものです)
脚立を広げてハシゴにしても、屋根までは届かなかった。しかし普段使っているアンテナポールをくくるつけることで、屋根の端を越えた。まさにルーフサイドホイップ状態。

この時は風もほとんど無く、同軸ケーブルを窓に挟むことによってハシゴを固定することができた。

予想どおりAOS直後は何も聞こえてこなかったが、しばらくするとASQさんのパイルが聞こえてきた。
周波数を変えてループ確認するしCQを出すと次々呼ばれる。「やったぜ!」

LOSして間もなく某局より電話。「どらちゃんありがと。全部終わった。」「えっ、全部って?」「市と区は全部終わって、郡は鹿児島郡だけ残っていたから。」
知らなかった。それでみなさん「鹿児島郡」って騒いでいたのか。
ここよりも、よっぽど行きにくい市郡もあるし、私が移動しなくても誰かが近いうちに移動されるかと思いますが、私自身も良い経験をさせていただきました。

次のオービットもAOSの数分後から順調に呼んでいただけました。
いつもなら同じ場所から運用しても重複して呼んでくる人が必ず5局ぐらいいますが、今回は全くいませんでした。
普通に考えれば島から動くことは不可能なので当然なことですが、みなさまの協力にも感謝しています。


次の日のパスは船に乗り込む時間なので、この2パスだけと決めていました。ところが帰りの船は20分遅れと連絡が入りました。天頂パスなので、この時に港で運用できたのです。今から考えると、とても悔しいです。

投稿者 DOR : 23:56 | コメント (0) | トラックバック

JCG#46006 鹿児島郡三島村竹島移動 HF編


宿のお迎えもなく、フェリーが硫黄島へ向けて出港した後は、だれもいなくなった。
公衆電話は無いが携帯(ドコモ)は繋がるので電話すると、「道沿いに歩いて10分」とのこと。
港からは道も見えないかったが、みんなが消えていった方向に行くと、急な登り坂が見えてきた。
島内の舗装は全てコンクリートなので、バッグのキャスターも使えず30kgの荷物を担ぎ上げ。
途中であまりにも遅いので宿から電話がかかってきた。


道沿いで初めて見えてきた民家に、村役場の車に乗った人がいた。
助かった。「いこい旅館ってどこですか」と訊くと、「ここだよ。あんたアマチュア無線の人かね。」と返ってきた。
今回の移動運用は既に村役場公認かと喜んだが、後で獣医の先生だとわかった。
ちなみに帰りはこの車に乗せていただきました。


島内を1時間ちょっと散策後、釣り竿を立てる許可ももらう。「えっ、釣竿?」と不思議な様子。


無線のことは最初から伝えてあったのですが、一番無線に適した四畳半の部屋でした。
エアコンの室外機の上に、オートアンテナチューナをセット。
村内にテレビ中継所がないため、テレビ電界強度の弱く、TVIが出まくり。1.9と3.5メガでは50ワット出しても大丈夫でしたが、10メガでは10ワットで何とか気にならない程度。


宿泊客は私だけではないので、今回は全てCW+ヘッドホンでの運用でした。
みなさん仕事で来られていましたが、パーソナル無線はやっておられたようで、「○○はロケがいい」とか「最近、電波利用料の請求が来なくなったけど、免許切れたのかな」なんて話していました。


とりあえず島に居ることを示すために、クラスタにアップしてもらえる程度にHFの運用をしました。
パイルになると困るので、10メガでCQを出したところ、10ワットなのにすごいパイル。
まだIC-7000の使い方を理解していないので、パイルになるとIC-706より聞きにくい。
紙ログなので「後が大変だな」と考えながらも、たくさんの局に呼んでいただきありがとうございました。

今回の移動の最大の目的であるサテライトに向けて、HFの設備は片付けた。

投稿者 DOR : 23:55 | コメント (4) | トラックバック

鹿児島湾内航行サテライト通信


NDTさんのブログにあるように「島に上陸するまで内緒にする」つもりでしたが、一応「向かって」いることを示すために、MM(Maritime mobile)を試みます。


村営定期船「みしま」に乗り込んだらすぐに、無線の許可をもらうためにインフォメーションに行きました。すると案内係の人は「私も無線の免許は持っていますが詳しいとこは判らないので」ということで、船長室まで連れて行かれました。運用方法を説明をして船長さんから「OK」をいただきました。


電源はシールドバッテリーで、ホイップアンテナはデッキのベンチの背もたれにくくり付けました。船内からと思われるノイズもありましたが、VO-52経由でなんとか8局と交信。
交信していただいた局には、乗船記念スタンプを押したQSLカードをお送りまします。(スタンプが必要なアワードは無いかとおもいますが)


サテライト運用直後に、クルマ用のGPSで緯度経度と速度測定。20ノット弱で航行しています。
144.66MHzでAPRSもよく聞こえていたので私のも大丈夫だと思っていましたが、全然I-GATEされてなかった。
運用が終わってからは、さきほどの案内係の人と無線談議に花を咲かせていました。

投稿者 DOR : 23:53 | コメント (0) | トラックバック

2008年03月07日

空港宅急便

飛行機に乗る場合はシールドバッテリーであっても壊すと液漏れする物は危険物になるらしく、また国内線の手荷物の重量制限は15kg(多少オーバーしても超過料金は取られないようだが)なので無線機材の一部を宅配便送りました。
空港手数料はかかりますが、今回は飛行場で受け取れる「空港宅急便」を利用しました。

到着空港に送るのに、伝票には搭乗機の出発時刻を書かされた。家に帰ってからリーフレットを読んで、私の勘違いに気付いた。これは本来、空港に予め手荷物を送っておき、自宅から手ぶらで出かけるという、リッチな人のためのサービス。


搭乗日の朝に電話すると、もう空港に届いているとのこと。「カウンター営業時間を過ぎても、到着まで空港で待っています」ということで助かった。もっとも、宿泊先ホテルに送れば、空港手数料もかからずに済んだのだが。


搭乗日の2日前まで受付とのことで、営業所の終業10分前に預けた。
受取は7日の20時半すぎでした。

投稿者 DOR : 23:51 | コメント (0) | トラックバック

再JR全線走破と九州移動運用


5年3ヶ月ぶりの「再」JR全線乗車のために、九州新幹線に乗りに行きます。


日曜夜間と月曜午前中に熊本県内(新八代駅から熊本空港の間)移動運用を考えています。

無線器機は既に九州に到着していますが、送り先を間違えたことに気付いた。(飛行機が予定どおりに到着すれば問題は無いのだが)

投稿者 DOR : 01:31 | コメント (6) | トラックバック

2008年03月06日

6&Dの部門ステッカー

届いた。

貼るのを忘れていたとのこと。

投稿者 DOR : 23:51 | コメント (2) | トラックバック

2008年03月05日

選挙テレビCM

投票用紙が送られてくるのは、今月の下旬でしたっけ?

(ケロッグ・オールブランのCMより)
このCMが流れる度に「ハラ・カイチョー」に投票したくなります。

投稿者 DOR : 23:51 | トラックバック

2008年03月04日

耐寒移動運用試験


夜間に屋外で、バッテリーの消費を抑える目的のため、受信にFT-290Rを使ってサテライトに出てみました。


途中に夜景を見に来たカップルに話しかけられて少し中断はありましたが、VO-52だけならこの設備でも問題なさそうです。


(http://aprs.fi/より)
運用場所は千里中央公園の、夜間は車の入れない豊中市側からです。


APRSが使えなかった場合に備えて、日本測地系ですが車用のGPSも持参しました。

(いつものように、サテライト交信局のサフィックスはWikiにアップしてあります。)

投稿者 DOR : 23:51 | トラックバック

2008年03月03日

JCG#27005 揖保郡バッテリー試験運用


(http://www.db0anf.de/app/aprs/stationsより)
先日購入した17Ahのシールドバッテリーに運用試験のため、兵庫県揖保郡太子町移動をしました。


(約45kmかな・・・)
初めて、阪神高速の7号北神戸線を走りました。


(http://www.db0anf.de/app/aprs/stationsより)
時間はUTC表示です。運用場所は、お墓の横の堤防の上です。


3.5メガでCQを出すも、サテライトでお世話になっている1局しか呼ばれなかった。30ワット出力で20分で、バッテリー切れにより運用終了。
これは使えない。その後も、ライトを付けると、スイッチが壊れて消灯できない。かなりのパチモンでした。
仕方なく車の電源でサテライトに出たが、頭もボケててコールが聞き取れない。最低・・・。


(http://aprs.fi/より)こちらの時刻はJSTです。
次の便は、加古川市の加古川堤防から出ました。この後、明石市大蔵海岸の温泉に寄ってから帰りました。

投稿者 DOR : 23:52 | トラックバック

第37回6m&Down賞状

本日、クロネコメール便で届きました。

単一部門になってしまったので、左下の丸の中に「電信・電話部門」のシールは貼られていなかった。

投稿者 DOR : 23:51 | コメント (0) | トラックバック