« 鈍どら・TSS | メイン | 第48回JARL通常総会 »

2006年05月28日

8N6HIGOと8J6HAMの運用記

特別記念局運用記
8N6HIGO(第48回JARL通常総会 くまもと・火の国総会)と、
8J6HAM(第5回西日本ハムフェア)の両局を運用しました。

運用申込書
運用申込みをすると総会の正員バッチを見て「会員証
はいいです、これで判りますから。」従免の提示を求め
られたのでエクストラの免許を出すと「これ4アマですか」
と言われた。一応日本の1アマも持参はしていたが、免
許証の番号とか書かなくていいので。

IC-706mk2GM
予約していた時間に行くと、「コールサインは8N6HIGOと
8J6HAMのどちらにしますか?」と聞かれた。「空いてい
る無線機のほうでいいです」と答えると、「ログさえわか
るように書けば、どちらのコールでもいい」とのこと。
私はIC-706mk2G(50W機らしい)を使い、8N6HIGOのコ
ールで21メガSSBでCQ。2局交信した。

しばらくすると係りの人から「こっちに移ってください、こ
れならずっとやっててもらってかまわないですよ」と言わ
れ、FT-900(10W機)に移らされ、どうせだからログを取
り換えてもらい8J6HAMでCQを出した。このコールでも
21メガSSBで2局交信できた。

JK2XXK
なぜ無線機を交換させられたかは、しばらくして理解
できた。私の隣でJK2XXK戸根さん(新岐阜県支部長)
がサテライトを始められた。交信はできなかったようで
すが。

投稿者 DOR : 2006年05月28日 17:41

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://dora.idou.net/mt/mt-tb.cgi/245

コメント

justin is the love of my life

投稿者 Cynric : 2011年02月02日 23:22

コメントしてください




保存しますか?